アイナエ


  埼玉県 2006.8.15 画像をクリック

埼玉県 2003.9.4

埼玉県 2006.8.15

埼玉県 2006.8.15

静岡県 2009.10.13 画像をクリック

埼玉県 2010.11.1 画像をクリック

群馬県 2014.8.27 画像をクリック

群馬県 2014.8.27 画像をクリック

群馬県 2014.8.27 画像をクリック

群馬県 2015.8.19 画像をクリック

群馬県 2015.8.19 画像をクリック

山口県 2016.9.26 画像をクリック

群馬県 2017.8.7 画像をクリック
     
アイナエ
マチン科アイナエ属
Mitrasacme pygmaea

日当たりのよい原野にやや稀に生える
高さ5〜15cmの1年草。
葉は下部の節に数対つき、卵形または
長楕円形で先端は尖り、3脈がある。
茎の上部に鱗片状の苞が対生し、その
脇から細い花柄をだし、白い小さな花を
まばらにつける。
ヒメナエが湿地に生えるのに対して、ア
イナエは原野の芝地などに自生する。
埼北の草地では8月中旬〜11月中旬ま
で、花を楽しむことができる。
アリノトウグサとの関係は定かでないが、
全ての産地で混生していた。
群馬県は東部と南西部に自生する。


    埼玉県 2003.9.4 画像をクリック

    埼玉県 2003.9.4 画像をクリック

    埼玉県 2006.8.15 画像をクリック

    埼玉県 2010.11.1 画像をクリック

   群馬県 2014.8.27 画像をクリック

   群馬県 2014.8.27 画像をクリック

    群馬県 2014.8.27 画像をクリック

   群馬県 2015.8.19 画像をクリック

    群馬県 2015.8.19 画像をクリック

    群馬県 2016.8.18 画像をクリック

   山口県 2016.9.26 画像をクリック

   群馬県 2017.8.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ