エゾノミズタデ


  長野県 2004.7.22 画像をクリック

長野県 2004.7.22 画像をクリック

長野県 2009.8.13 画像をクリック
      

エゾノミズタデ
タデ科イヌタデ科
Persicaria amphibia

北海道・本州(東北地方と長野県北部)の
池沼や湿地に生える多年草。
ふつうは水生であるが、 時にに日照りが
続いて土地が乾くと陸生になる。
1m以上にもなる細長い根茎をもち、長い
茎を地上に横たえている。
7〜8月、水面から茎が伸びて、穂状に小
さな白い花を密につける。
長野県の池沼には群生しているが、自然
遷移による減少が懸念される。
エゾノミズタデが見たくて、梅雨の空けた
信州を訪ね、念願の対面を果たす。
この日はホソバヒルムシロエゾオオヤマ
ハコベ
などの珍しい植物も観察、充実した
一日になった。


    長野県 2004.7.22 画像をクリック

        長野県 2004.7.22

        長野県 2009.8.13

トップページへ  前ページへ