エゾタンポポ


栃木県渡良瀬遊水地 2008.3.28

栃木県渡良瀬遊水地 2008.3.28
        エゾタンポポ
キク科タンポポ属
Taraxacum hondoense

北関東以北、東北、北海道に分布
総苞片全体が大きく、 総苞外片は卵形
で幅が広く、小角突起はない。
外形はカントウタンポポに似るが、染色
体数が異なる。
エゾが3倍体であるのに対して、シナノタ
ンポポ
やカントウは2倍体である。
エゾとシナノの境界は群馬県東部〜栃
木県西部と推測されるが、詳細は愛教
大の渡邊準教授が調査中である。
渡良瀬遊水地はカントウタンポポやセ
イヨウタンポポも自生する。


  栃木県渡良瀬遊水地 2008.3.28 画像をクリック

トップページへ  前ページへ