ヒキノカサ


静岡県富士市 2004.4.22
          ヒキノカサ
キンポウゲ科キンポウゲ属
Ranunculus extorris

関東地方以西の低湿地や流れの縁などに
生える高さ10〜30cmの多年草。
和名は湿ったところに生えるので、花をカエル
の傘に見立てたものという。
ひげ状の根のほかに紡錘状に膨らんだ根が
あるのが特徴。

富士山麓でキスミレヤマトグサなどを撮影し
た後、訪れた湿地に自生していた。
富士山を望む道路近くに産地はあり、ノウル
などと、小群落を形成していた。
埼玉県の田島ヶ原でも観察しているが、産
地は限られ、見る機会は少ない。


      静岡県富士市 2004.4.22

トップページへ  前ページへ