ヒメハシゴシダ


静岡県下田市 2005.11.2
          ヒメハシゴシダ
ヒメシダ科ヒメシダ属
Thelypteris cystopteroides

伊豆半島.紀伊半島.四国.九州に分布。
林下や林縁の草地、路傍などに群生
する常緑性シダ。
根茎は長く横走りし、直径0.4〜0.7mm、
疎らに鱗片をつけ、間隔をおいて葉を
つける。
葉柄は長さ2〜4cm、藁色で有毛。
基部は黒褐色で鱗片がある。
葉は殆んど無毛、裂片の先端は円頭
〜鈍頭である。
コハシゴシダに似るが、裂片が円み
を帯び、繊細である。
「栃木県シダの会」の幹部4名を案内
して、ハイコモチシダハマホラシノブ
ヘラシダヒトツバヒメオニヤブソテツ
などを観察する。
神奈川在住、Yさんのお世話になる。


     静岡県下田市 2005.11.2

トップページへ  前ページへ