ホクリクムヨウラン


岐阜県 2008.6.1 画像をクリック

岐阜県 2008.6.1 画像をクリック
        ホクリクムヨウラン
ラン科ムヨウラン属
Lecanorchis hokurikuensis

宮城県〜九州まで広く分布
山地のやや暗い林床などに生える
高さ20〜30cmの腐生ラン。
ムヨウランの変種で、花柄(子房)は
花序軸からほぼ水平に出て、萼片
と共に微細突起がある。
6〜7月、茎の上部に赤紫色の花が
やや垂れ下がり気味に咲く。
和名は最初の発見地、 北陸(富山
県)に由来する。
当初、 エンシュウムヨウランとした
が、本種に修正する。


    岐阜県 2008.6.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ