ホソバヒナウスユキソウ


群馬県至仏山 2005.7.9

群馬県至仏山 2005.7.9 画像をクリック
       ホソバヒナウスユキソウ
キク科ウスユキソウ属
Leontopodium fauriei var. angustifolium

上越国境特産種。
至仏山、谷川岳のみに分布する蛇
紋岩地変形植物。
1928年、武田久吉博士が至仏山で、
最初に発見、1930年には谷川岳で
も採集された。
谷川岳と至仏山は共通した植物が
多く自生するが、 ホソバヒナウスユ
キソウはその代表格である。
特に7〜8月の西黒尾根は百花繚乱
で、オゼソウカトウハコベシブツ
アサツキ
などが見られる。


     群馬県谷川岳 1997.7.13

トップページへ  前ページへ