キイムヨウラン


岐阜県 2008.6.1 画像をクリック

岐阜県 2008.6.1 画像をクリック
        キイムヨウラン
ラン科ムヨウラン属
Lecanorchis kiiensis

山地の林床や林縁などに稀に生える
高さ20〜30cmの腐生ラン。
6〜7月、花茎の上部に鮮黄色の花を
3〜6個つける。
花披は長さ約2cm、 満開時は平開す
るが、あまり開かない。
現存する産地は岐阜県の数ヵ所とさ
れ、個体数は非常に少ない。
ここには50株以上のキイムヨウランが
自生、ホクリクムヨウランは少ない。
よく似ているLecanorchisにキバナエン
シュウムヨウラン
がある。
これまで「絶滅危惧TA類」 だったが、
見直しリスト(2007)でランク外となる。
故井上健先生はRDPで 「ムヨウラン
の1型とするのが適切かも知れない。」
と気になる記述をしている。
この意味深の記述も関係あるのか?
ムヨウランを研究している学者もいる
ので、今後の発表が待たれる。


    岐阜県 2008.6.1 画像をクリック

    岐阜県 2008.6.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ