クロバナロウゲ


栃木県奥日光 2004.7.15 画像をクリック

栃木県奥日光 2004.7.15 画像をクリック

(果実)
福島県尾瀬 2008.8,7 画像をクリック
       クロバナロウゲ
バラ科クロバナロウゲ属
Comarum palustre

北海道・東北・尾瀬・日光・北アに分布
山地〜亜高山の湿地や湿原などに生える
高さ30〜60cmの多年草。
葉は奇数羽状複葉で、5〜7個の小葉から
なり、長楕円形で裏面は白い。
7〜8月、茎の先に暗紅褐色の花数個をつ
け、花床は膨らみスポンジ状になる。
この日はイトキンポウゲホザキシモツケ
ショウキランなども撮影した。
梅雨明け前であったが、天候にも恵まれ、
素晴らしい花旅となった。


   栃木県奥日光 2004.7.15 画像をクリック

   栃木県奥日光 2004.7.15 画像をクリック

             (果実)
    福島県尾瀬 2008.8,7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ