ミヤマタニタデ


群馬県 2015.8.7 画像をクリック

群馬県 2015.8.7 画像をクリック
        ミヤマタニタデ
アカバナ科ミズタマソウ属
Circaea alpina

深山のやや湿ったた林縁などに生える
高さ5〜20cmの多年草。
葉は対生、 長さ1〜4cmの三角状広卵
形で縁に波状の鋭鋸歯がある。
7〜8月.白色で直径約3mmの小さな2弁
花を総状に多数つける。
年初、 タニタデタニソバミヤマタニソ
などと.撮り直しリストに入れていた。
この植物も1998年に. 八ヶ岳で撮影して
以来、15年ぶりにカメラを向ける。


     群馬県 2015.8.7 画像をクリック

     群馬県 2015.8.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ