タニタデ


群馬県 2015.8.5 画像をクリック

群馬県 2015.8.6 画像をクリック
        タニタデ
アカバナ科ミズタマソウ属
Circaea erubescens

山地のやや湿ったた林縁などに生える
高さ20〜50cmの多年草。
葉は対生、 長さ3〜8cmの長卵形〜卵
形で先は尖り、縁に鋸歯がある。
7〜9月、 総状花序に白色〜淡紅色の
小さな花をやや下向きにつける。
年初、ミヤマタニタデタニソバミヤマ
タニソバ
などと撮影目標にしていた。
いずれもふつうに観察できる植物だが、
実に20年ぶりの撮影である。


     群馬県 2015.8.5 画像をクリック

     群馬県 2015.8.6 画像をクリック

トップページへ  前ページへ