オオアブノメ


栃木県渡良瀬遊水地 2004.5.19

(開放花) 
栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック


栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック
       オオアブノメ
ゴマノハグサ科オオアブノメ属
Gratiola japonica

低地の湿地や水田などにやや稀に生える
高さ10〜20cmの1年草。
茎は太く、葉は対生し、先は尖り無毛。
花冠は白色で筒形、 長さ4〜5mm、多くは
閉鎖花となって開かないことが多い。
多くは閉鎖花とされるが、ここ渡良瀬遊水
地は開放花が意外と多い。
湿地開発や農薬の使用などが、減少の主
要因とされている。
渡良瀬遊水地は1ヶ所で見られるが、いま
のところ個体数は安定している。
ただ、1年草の宿命として翌年も出現する
保障は全くない。
オオアブノメが自生する泥炭地にはコイヌ
ガラシ
アズマツメクサなども見られる。


   栃木県渡良瀬遊水地 2004.5.19

 栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック

  栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ