シナノショウキラン3


長野県上伊那郡 2010.6.20 画像をクリック

長野県上伊那郡 2010.7.1 画像をクリック

長野県上伊那郡 2010.6.20 画像をクリック
      シナノショウキラン3
ラン科ショウキラン属
Yoania flava K.Inoue et Yukawa

長野県の山地帯上部から亜高山帯下部
の林床に稀に生える腐生植物。
従来キバナノショウキランとされていたも
のが、2001年に新種発表された。
シナノショウキラン…根茎は僅かに分枝し、
花色は淡黄色、側萼片は平開する。
花期は6月上中旬と1ヶ月近く早い。
キバナノショウキラン… 根茎は珊瑚状に
密に分枝、 花色は黄褐色、側萼片は完
全に平開しない。
花期は7月上旬〜下旬とやや遅い。
和名は発見地の信濃と鐘馗 (しょうき)を
連想したことに由来する。
これまで伊那〜木曽の9箇所で観察して
いるが、産地は限られている。
長野県の東信地方では淡黄色 タテシ
ナショウキラン
が2ヶ所で出現した。


   長野県上伊那郡 2010.7.1 画像をクリック

   長野県上伊那郡 2010.6.20 画像をクリック

   長野県上伊那郡 2010.6.20 画像をクリック

トップページへ  前ページへ