シライワコゴメグサ


長野県 2006.8.25 画像をクリック

長野県 2012.9.3 画像をクリック
       シライワコゴメグサ
ゴマノハグサ科コゴメグサ属
Euphrasia maximowiczii var. calcarea

1952年、山崎敬氏が白岩で発見
タチコゴメグサが、南アルプスの石灰岩
地に進出した変型植物。
南アルプスの石灰岩の砂礫地に生える
高さ10〜25cmの半寄生の1年草。
葉や苞葉は狭卵形、鋸歯は2〜3対あり、
先は尖るが、芒状とはならない。
白岩にはシライワシャジンカワラウス
ユキソウ
などの固有種が多い。


   長野県 2006.8.25 画像をクリック

    長野県 2012.9.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ