タテシナショウキラン3


長野県 2015.6.15 画像をクリック

(ショウキランと競演)
長野県 2015.6.15 画像をクリック

(canon EOS5D MarkUtamron AF90mm)
長野県 2017.6.23 画像をクリック

(nikonP510)
長野県 2017.6.23 画像をクリック

長野県 2017.6.23 画像をクリック
      タテシナショウキラン(新品種)
ラン科ショウキラン属
Yoania japonica f. lutea Suetsugu&Yagame

ショウキランの淡黄色個体
2009年6月23日、橋場憲一氏が八ヶ岳山
麓で発見、 筆者並びに谷亀高広氏が同
定、2014年、末次健司氏が発表した。
山地の林内や笹原などにごく稀に生える
高さ10〜20cmの腐生植物。
6〜7月、茎頂に約6cmの花柄子房を持っ
た淡黄色の花を数個つける。
シナノショウキランに似ているが、唇弁の
中裂片や花弁の形状が異なる。
和名は最初に発見された八ヶ岳山麓/立
科に由来、橋場憲一氏が命名する。
過去のタテシナショウキランタテシナシ
ョウキラン2
は別のページに掲載


           (ショウキランと競演)
    長野県 2015.6.15 画像をクリック

          (ショウキランと競演)
    長野県 2015.6.15 画像をクリック

  (canon EOS5D MarkUtamron AF90mm)
   長野県 2017.6.23 画像をクリック

           (nikonP510)
    長野県 2017.6.23 画像をクリック

    長野県 2017.6.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ