トウノウネコノメ


愛知県瀬戸市 2009.3.15 画像をクリック

愛知県瀬戸市 2009.3.15 画像をクリック

愛知県豊田市 2012.4.15 画像をクリック
        トウノウネコノメ
ユキノシタ科ネコノメソウ属
Chrysosplenium pseudopilosum

岐阜・愛知・長野県の一部に分布
谷沿いや林縁などの陰湿地に生える
高さ5〜15cmの多年草。
茎には粗い毛が散生し、葉は扇円形、
まるい鋸歯がある。
萼裂片は淡黄色、丸みを帯び直立し、
雄しべは6〜8個、葯は黄色。
雄しべが萼裂片から突き出ることで、
コガネネコノメソウとは区別できる。
和名は東濃(岐阜県東部)のネコノメ
ソウの意から名づけられた。
トウノウネコノメやミノコバイモに誘わ
れて、早春の三河を訪ねた。
県境付近の沢沿いで、目的のトウノ
ウネコノメは咲いていた。


    愛知県瀬戸市 2009.3.15 画像をクリック

    愛知県瀬戸市 2009.3.15 画像をクリック

   愛知県豊田市 2012.4.15 画像をクリック

トップページへ  前ページへ