ウスイロナエバキスミレ(仮称)


群馬県 2015.6.8 画像をクリック

群馬県 2015.6.8 画像をクリック
       ウスイロナエバキスミレ(仮称)
スミレ科キスミレ類
Viola brevistipulata var. kishidai (学名はナエバキスミレ)

ナエバキスミレ薄黄タイプ
上越地方〜東北地方に分布
亜高山帯の林縁や礫地などに生える
高さ5〜10cmのスミレ。、
茎は紅紫色を帯び.葉が厚く光沢があ
り、葉脈はへこむ個体が多い。
5〜7月、頂茎に薄黄色の花をつける。
登山道を先に下ったA子さんが、立ち
止まっていたので. 何か発見かと駆け
寄ると薄色のナエバ咲いていた。
A子さんはテリハニオイタチツボスミレ
《八重》
も発見、観察力は鋭い
色彩変異に過ぎないとの指摘もありそ
うだが、敢て紹介したい。


     群馬県 2015.6.8 画像をクリック

     群馬県 2015.6.8 画像をクリック

トップページへ  前ページへ