ヤナギタンポポ


長野県車山 2006.9.22

長野県車山 2006.9.22 画像をクリック
         ヤナギタンポポ
キク科ミヤマコウゾリナ属
Hieracium umbellatum

山地のやや湿り気のある草原の生える高さ
30〜120cmの多年草。
根生葉および下部の葉は花時には枯れる。
茎葉は多数互生し、長楕円状披針形で先
は尖り、少数の鋭い鋸歯がある。
頭花は舌状花だけからなり、直径約3cm。
総苞は鐘形、総苞片は披針形で、先は開出
または反り返る。
和名は葉がヤナギに似て、花がタンポポに
似ることに由来する。
リンドウムラサキセンブリなどと菅平高原
の秋を彩どっている。


     長野県菅平 2005.10.12

トップページへ  前ページへ