ホソバコゴメグサ


群馬県至仏山 2005.8.8 画像をクリック

       ホソバコゴメグサ
ゴマノハグサ科コゴメグサ属
Euphrasia var. japonica

月山〜上信越国境の日本海側に分布。
亜高山帯の乾いた草地などに群生する
高さ5〜15cmの1年草。
ミヤマコゴメグサに似ているが、葉は細
い倒卵形なので区別できる。
葉の鋸歯も苞の鋸歯も先は尖らない。
至仏山頂から山の鼻に向かう高天ヶ原
付近の礫地で観察できる。
このルートはシブツアサツキオゼソウ
ホソバヒナウスユキソウ、 ジョウシュウ
アズマギク
などの蛇紋岩地変形植物や
特産種が多く見られる。


      群馬県至仏山 2005.8.8

トップページへ  前ページ