コツブヌマハリイ


栃木県渡良瀬遊水地 2004.5.9

栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック
        コツブヌマハリイ
カヤツリグサ科ハリイ属
Eleocharis parvinux

関東地方の湖沼や川岸の湿地に生える
高さ30〜60cmの1年草または多年草。
ヒメハリイやオオハリイに似ているが、刺
針は4個あってやや硬く、直立し、長さは
果の3倍にもなる。
和名は小粒沼藺で、果が前記2種に比べ
て小さく、長さ1〜1.2mmにすぎないため。
本種も、渡良瀬遊水地の植物を調査して
いるMOさんに教えていただいた。
湿地の縁に点在しているが、他のハリイ
属との区別は非常に難しい。
ここにはコイヌガラシオオアブノメアズ
マツメクサ
なども生育している。


   栃木県渡良瀬遊水地 2004.5.9

  栃木県渡良瀬遊水地 2007.5.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ